首页 > 手汗を止めるETS手術は受けるべきか | 手汗改善大百科 〜今すぐ取り組める手汗対策〜

汗腺手術費用,手汗を止めるETS手術は受けるべきか | 手汗改善大百科 〜今すぐ取り組める手汗対策〜

互联网 2021-04-14 03:22:49
手汗を止めるETS手術は受けるべきか

公開日 : 2017年3月14日 / 更新日 : 2021年3月22日

病院で解決したい このエントリーをはてなブックマークに追加TweetPocket

手汗がひどい場合には手術によって抑える方法があります。手のひらの汗腺から汗を分泌させるために働いている交感神経を遮断することで、物理的に手汗を止めてしまう方法です。

外科手術ということもあり、他の治療方法に比べて簡単に行えるものではありませんが、深刻な症状の場合には選択肢の一つとして考えられる手段です。

手汗を止める手術の内容と、それによって得られるメリット、デメリット、そして費用などについてまとめました。

なぜ手掌多汗症が起こるのか

手汗が出る原因となっているのは、手のひらにあるエクリン腺と呼ばれる汗腺から過剰に汗が分泌されることです。そもそも人間が汗をかくこと自体は普通のことなので、手のひらの汗腺からも当然汗は噴き出してくるもの。特に手のひらの汗腺の数は額や足の裏に次いで多いため、他の部分の発汗よりも目立つのは仕方ありません。

ただし、手のひらの汗腺数には個人差があり、多い人の場合にはそれがより目立ってしまうことで悩みに繋がってしまいます。

汗を分泌させているのは交感神経と呼ばれる、人間が興奮状態の時に代謝を活発にさせる自律神経です。自律神経は人間の体を陰ながらコントロールしている神経なので、私達の意思で動かすことができません。体が暑くなれば体温調節のために汗を分泌しますし、緊張したりドキドキするような場面でも手のひらに汗を握らせるように本能に組み込まれています。

そのため、興奮したり緊張した場面においては手のひらから汗が出ることは普通のことと言えます。ですが、ちょっとした緊張でも人より数倍の手汗が出てしまうのが手掌多汗症の悩みであって、この根本となる原因はわかっていません。

手汗を止める手術の内容

手汗を止めるための手術はETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術・胸部交感神経遮断術)というもの。内視鏡手術によって胸部から手のひらに繋がる交感神経を遮断することで物理的に手のひらから汗を分泌させないようにする神経ブロック術です。

腋に適用される剪除法、足の裏の多汗を治す腰部交感神経遮断と並んで有名な方法です。

手掌多汗症になる原因が不明かつ、ひどい手汗の場合には外科手術によってしか解決できないという背景から、健康保険が適用される手術です。逆に言えば、発汗するレベルが「少し湿っている」程度であれば、手術に踏み切らずとも制汗剤の利用や生活習慣の見直しだけでも治療していける可能性があるということ。

自身の手汗レベルと、手術を受ける際のリスクなども考慮したうえで、ETS療法を行っている医療機関の医師との相談をし、手術するか否かを判断していくようにしましょう。

手汗を止める手術を受ける際の費用

手汗を止める手術を受ける際、手術内容以外でも気になるのが手術費用です。前述の通り、医療保険の適用が受けられるものの、他の治療法に比べると一回にかかる費用が大きいです。

手術費用はだいたい医療保険の適用と高額療養費支給制度の適用で10万弱の自己負担というのが一般的。

手元に現金がなかったとしても、高額療養費支給制度は事前の申請をしておくことで窓口での負担額を減らすことができます。また、事前申請がなかった場合には窓口でいったん全額を支払っておき、後日の申請によって払い戻しを受けるという手順になります。

手術自体は全身麻酔のうえ十数分で終わるのがほとんどで、その後病院にて安静にしたあとすぐに帰宅できる「日帰り入院」となるため、手術にかかる費用と事前の検査費用、術後の痛み止め等の処方費用以外はかかりません。日帰り入院は費用以外にも患者負担が少なく、仕事復帰も早い点が嬉しいですね。

手術のメリット・デメリット

それではETS手術を受ける際のメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

メリット

手術を受けることによるメリットは「手汗が出なくなること」です。手汗を止める確実性といった部分でいえば、その効果は絶大です。

それまで制汗剤に頼ってもダメなぐらい多かった手汗が出なくなるわけですから、手に持った紙がびしょびしょになってしまうとか、濡れた手でスマホがタッチできないといったような悩みは解決できますね。

また手汗が原因で手を繋ぐ、ハイタッチする、ゲームのコントローラーを共有するといったコミュニケーションにストレスを感じていた方にしてみたら、手汗が出ないということは人生が生まれ変わったような感覚すら得られるものでしょう。

デメリット

それでは手術によるデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

一番に挙げられるのは代償性発汗です。人間が汗をかくのには理由があるため、手の汗を止めたところで身体から出る汗の総量を変えるわけにはいきません。たとえば体温を下げるためにかく汗であれば、汗をかけなければ体温が下がらずに命の危険に繋がるからです。

そこで、体は他の汗腺から多く汗をかくことで解決しようとします。これが代償性発汗です。

代償性発汗はETS手術を行うことで100%出てしまう後遺症として有名。なので、手術を受ける場合には背中やふとももなどの発汗量が増えることを理解したうえで臨む必要があります。

他にも手のひらから全く手汗がでないような状態にしてしまうことで、手のひらが常に乾燥した状態になってしまう問題も挙げられます。実は手汗というのは厄介な存在であると思われがちですが、手のひらの保湿のためには必要な存在でもあるんです。もし、常に乾燥した状態になってしまうと、手のバリア機能が失われてしまうために他の問題が出てきてしまいます。常にハンドクリームが欠かせない状態になりますし、クリーム自体も浸透してくれない可能性も。

ただし、現在の医療技術では「完全に手汗を止める」のではなく、ある程度手汗を止めるだけにとどめることも可能です。日本皮膚科学会の見解としては、低位交感神経遮断に留めることで比較的代償性発汗を抑えられるようになるとしています。(ただし、国際学会の報告では低位交感神経遮断術では再発率も高まる点が指摘されています。)

また、代償性発汗は片側の手術に留めておけば片側からしか発生しないため、慎重に片方ずつ手術をするという方法もあります。

事前に医師と「術後にどんな状態になるのか」を確認することを怠らないようにしましょう。

手術はすべきか、すべきではないか

最後に、実際にETS手術をするべきかどうかについて考えてみましょう。ETS手術によって手汗が溢れてくるという悩みからは確かに解消されます。ですが本当にそれですべての悩みから解放されるのかというとそういうわけではありません。

手術を受ける際の危険性といった部分以外のリスクをよく考えるべきと言えるでしょう。

別の悩みが出てくる問題

ETS手術を受けたことによって多くの方が満足している一方で、副作用・後遺症で悩んでしまう人がいるのも事実です。上に書いたとおり、代償性発汗によって背中やふとももなどの汗が尋常じゃないほどになってしまった人や、夏でも冬でもハンドクリームが欠かせない、吸収しないため常に手のひらにクリームがついている状態・・・という、今思っていない新たな悩みが出てきてしまい、治療効果に不満を覚えることも少なくありません。

現在は手のひらの汗の悩みで頭がいっぱいかもしれませんが、未知の悩みというのは現時点では想像ができないものです。それでもETS手術はやり直しができません。一度神経節を遮断したあとで元に戻すということができないのです。(クリップ法という方法なら術後に元に戻すことも可能とされていますが、一方では難しいとの意見もあるため慎重に考えてほしいところです。)

別の悩みが出てきてしまった時に、今度はその悩みとどう付き合っていくのかが必要になってくるわけですね。実際の体験談などを参考に、よく考えるようにしたいところです。

年齢とともに考え方も変わる

また、人間は年齢を重ねるごとに考え方が変わってくる生き物です。これはいろいろな経験をすることで頭が柔軟になることが影響しており、普通に生活していれば価値観は年齢とともに変化して当然のことなのです。

現時点ではどうしようもなく悩んでいる手汗でも、数年後には「まぁいっか」と流せるようになっているかもしれません。ETS手術を行ってしまえば、考え方が変わったあとでも元には戻せないのです。

まずは他の方法を試してみる

こういったことを考慮すれば、いきなり手術に踏み切るのではなく他の方法を試してみるというのがリスクが少ない方法と言えるでしょう。

たとえば制汗剤の利用であれば、やめたくなった時にはいつでも辞められます。高額な手術費用もかかりませんし、普段から心が落ち着く手汗を気にしない状態に慣れておくことで、そのうち本当に手汗が出なくなる治療方法でもあります。

美容クリニックなどで実施されるボトックス注射も手汗を止められる方法かつ途中でやめることができる方法ですが、すべてのボトックス注射による治療法が健康保険適応となるわけではない点に注意が必要です。

また、自律神経を整えることでも改善が期待できるため、有酸素運動を普段の生活に取り込むことも自分でできる手汗対策の一つと言われています。

もしどうしても手術しかないと思っても、まずは皮膚科などに相談し、治療方針を相談したうえでの最終手段と考えるようにしましょう。

もし手汗に悩んでいたらオススメしたい制汗剤3選手汗に悩んでいるものの、どの制汗剤にしたらいいのか悩んでいる方は、とりあえず以下3つの制汗剤を参考にしてみてください。それぞれ配合されている成分と商品のタイプが違うので自分の手汗レベルや使うシーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。制汗剤は手術などとは違い、比較的簡単に手汗の悩みから解放されるためおすすめです。強い制汗作用が欲しい人向け「デトランスα」手汗に強い制汗効果を表す、塩化アルミニウムを配合したデンマーク製のローションタイプの手汗用制汗剤です。塩化アルミニウムは強い効果がある反面、肌荒れなどの副作用が起こる可能性も高いため、日本人向きではないという声も。公式サイトからの購入で初回分が多少安価に購入することができますが、2回目以降は通常価格での購入となり、並行輸入品ということもあって高額になります。それでも、肌に負担がかかったとしても強い効果を期待したいという方にはオススメの商品と言えます。詳細を見る公式サイト初めて制汗剤を使う人向け「CORKL(コルクル)」手汗に悩んでいる人のための化粧クリームです。リニューアルをして肌に対してのやさしさを追求した化粧品になりました。肌への刺激が少ないように使用成分を厳選、サラサラの肌触りを体感できるように作られているため初めて制汗剤を使う人にオススメです。(肌への優しさを最優先にしているため消臭成分などは撤去されています)現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの販売になっています。詳細を見るAmazon気になる時に手汗を止めたい人向け「farine(ファリネ)」パウダータイプの手汗用制汗剤です。ネット通販系の制汗剤においてはかなり知名度が高い商品といえます。有効成分ACHが手のひらの汗腺を塞ぐことで手汗を止めることができるというもの。パウダータイプなのでベビーパウダーのように使うことが可能です。効果は1~2時間と短いため、一日のうちで手汗が気になるシーンの直前に使用するぐらいがちょうどいい方にはオススメです。公式サイトからの購入で30日間の返金保証が得られるメリットがあります。詳細を見る公式サイト

「手汗の治療法あれこれ。病院でできる治療と自宅でできる治療」

「手汗の悩み、どんな病院にいったらいいのかわからない人はとりあえず皮膚科」

免责声明:非本网注明原创的信息,皆为程序自动获取自互联网,目的在于传递更多信息,并不代表本网赞同其观点和对其真实性负责;如此页面有侵犯到您的权益,请给站长发送邮件,并提供相关证明(版权证明、身份证正反面、侵权链接),站长将在收到邮件24小时内删除。